2014年06月18日

唯霜ネタバレ感想(エピまで

はい。無印結婚イベ、最後のネタバレ感想です。
霜月先生すごく可愛いよねぇ…(*´∀`)

色々あって感想すごーく遅れてましたが、
これもとっくの昔にクリア済みです。
……結構( ゚д゚)ポカーンってなるストーリー展開だったので、
突っ込みは多いですが、ネガは少なめかな?

とりあえず、そんな感じでネタバレ有りなので、
大丈夫な方だけ以下からどうぞ(*´∀`)ノシ







霜月先生可愛いいいいいいいいいいいーーーーーーーー!!!!!(絶叫
私、このライターさんが書く霜月先生かなり好きかもです。
(この方の書く悟史はアウトだった。悟史攻め寄りでキャラブレがあるから)
唯様と二人っきりでお誕生日をお祝いしたくて、
豪華客船へ唯様を連れてっちゃう霜月先生なのですが。
もー、どこを取っても可愛いんだよこの人……!!!!!(*´∀`)ノシノシ
唯様に手を握られて嬉しそうにしたりとか、
ちゅーして照れちゃったりとか、恥じらっちゃったりとか…。
全部が可愛いんだよ、霜月先生…!(*´∀`)ノシノシ
敦士、って唯様に呼ばれて心の準備が出来てないから…とか
言っちゃったりね、もう、もう…………!!!!!!!!!!

スト読む度に先生可愛い(*´∀`)ノシノシってなってました(笑)
……イベストはかなーりかっ飛んでるんですが(笑)
日本の領海で海賊って…orz
そして、やたら脇カプ推しなのも苦手な方からしたら萎え要素かもです。
(走潤推しが激しい)
その辺に目を瞑れるか否かで、このイベストの評価、
結構ザックリと分かれそうな気がしますねぇ…。

私は丸っと目を瞑った人なので、評価高いです(笑)
海賊の下りと脇カプはスルーしてました。
(走潤は嫌いじゃないが、主役な唯霜二人と同じくらい出張ってて
それがちょっと引っかかるからなぁ、と…)

で。
なんやかんやありまして。
走潤の活躍により海賊の親玉確保。
その頃に海自が来て海賊が捕まって…走潤&唯霜が恩人扱いで
すごいことになりました。
……だけどさ、唯様にウェディングドレスの下り……。
無理矢理過ぎるよあの展開はorz
いや…きっとマクー空間バリの801空間なんだよな、と
必死に自分に言い聞かせてました…。
日本そんなに同性愛に寛大じゃないよ…唯様を女の子と勘違い
してるんならまだしも、男の子だとわかっても、って…orz
まぁね、船長以外は唯様のこと女の子だと思ってるっぽいですがね。
普通の結婚式っぽい対応なのでね。

あ、でも先生の正装立ち絵(多分コレも新規立ち絵)は
素敵でした(*´∀`)
それと、二人でパーティー会場から抜け出して、
プールサイドでプロポーズなんですが。
……唯霜ルート最大の萌えポイント。
それは、唯様からのプロポーズ、って点なのです……!!!!
今回の結婚イベ、このルート以外全部唯様攻めルートなのに、
攻略キャラ(受けキャラ)からのプロポーズです…orz
隠れジャッジメントだからしゃーないのかもなんですが、
実はすごーくそのへんモニョってて。
でも、唯霜で初めて唯様からのプロポーズで、
めっちゃテンション上がりました(*´∀`)ノシノシ
唯様素敵ーーーーーー!!!!!!!!
霜月先生もマジ可愛いし幸せでした…!
二人っきりの時にウェディングドレス着るね、って言ってくれたり
すごく可愛いよーーーーーーー!!!!!(絶叫

と。
そんな所で、イベ本編は終了。
エピは、プールサイドでえっち(本番有り)です。
指輪をお互いに填めっこしたり、すごく可愛いんです(*´∀`)
痛くてもいいから、とか言っちゃう霜月先生マジ天使…!(*´Д`)ハァハァ
先生が可愛すぎて変な声出るくらい滾りました−!(*´∀`)ノシノシ

………ただね。
スチルがね。
綺麗だけども、アレNLっぽく見えてマジキツいんですがorz
いや、私乙女も好きだけどさ。
ホモ求めてBLやってるのに、一番萌えるエピでアレかー、と。
エピまで女装でドレスってどれくらいの層が喜ぶんだ。
唯様の男の子ってわかる部分は見えないから、
どー言い繕ってもBLには見えないです、アレorz
未プレイの人にアレ見せたら、乙女ゲーのスチル?って言うと思う。
せっかく綺麗なスチルだから、ちゃんとBLに見えるスチルに
して欲しかったなぁ…と。
次イベは、エピまで女装はやだなぁ…(´・ω・`)

あ、でも全般的に唯霜は先生がマジ天使で可愛かったので、
個人的には萌えました(*´∀`)
この先生だったらマジで唯様の為に裸エプロンしてくれるだろうなぁ…(*´∀`)
唯霜最高!!!!!!!!ご馳走様でした!!!!!!!!(深々
【結婚イベの最新記事】
posted by louiloui at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚イベ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99979479

この記事へのトラックバック